skip to Main Content

【意外とふかいkabegamiのせかい】

【意外とふかいkabegamiのせかい】

こんにちは!今日から新しい連載、「意外とふかいKabegamiのせかい」
をお送りしていきたいと思います!
第1弾の今回のテーマは「壁紙の種類」!
壁紙って、その言葉自体はしってるけど、意外と「種類」っていわれると?マークが浮かぶ人も多いかと思います。

そんな人は必見!きょうは普段よく見る壁紙からちょっと高級壁紙まで、ざーっとご紹介していきます。
それでははじまりはじまり〜


今日ご紹介するのは最も一般的な壁紙3種!それにプラスして、
おしゃれなおうちでよくみる「漆喰」などについてもちょろっと触れていきますよ〜

種類①「ビニルクロス」

そうまずね、壁紙のことを「クロス」とよんだりします。
「クロス貼り」って、聞いたことあるでしょう?「壁紙貼り」をかっこよく言っただけですよ。

さて、ビニルクロスは壁紙の中でもっとも使われている壁紙です。
安価ではあるものの分厚いため施工もしやすく、汚れも拭き掃除でかんたんに落とすことができます。
広く使われているため種類も豊富なのが魅力ですね♫
ただし、ほかの壁紙に比べて化学的物質が多く使われているため、
アレルギー体質の方やナチュラル志向の方にはあまり向かないかもしれません。

ビニルクロスは流通品と1000番クロスという2つの種類があって、
流通品は安いやつ、1000番クロスは持ち家に使うような高級品です。

ちなみに日本の賃貸物件はほとんどがビニルクロス貼りの物件なんですよ〜。
安いからね。利益、あげたいからね。

種類②「布クロス」
布クロスはですね、名前の通り繊維性のものから織り上げられて作られた壁紙です。
なのでビニルクロスに比べて耐久性もあり、シミなどの汚れも汚くみえないことも多いのですねー。
さっき言ったみたいな自然調を大切にしたい人にはおすすめな素材です。

ただし!防火認定を受けている物が少ないので、場所を選んでしまうのがたまにキズ…です…。

種類③「紙壁紙」
紙壁紙!これはですね〜お部屋をやわらかい印象にしたい方におすすめです。
紙なので耐久性もよわく、汚れにもよわいのですが…。
ただ他の壁紙とは雰囲気もかなり変わってくる+欧米製なので
かなり独特でおっしゃれーに仕上がります。

あとは壁紙じゃないですが、漆喰とかじゅらく壁とか、特徴ある壁も人気ですね。
ラフな感じで、いま人気のカフェ風に一瞬で変えてしまう魔法の壁でございます。

さあこんな感じでなんとなく壁紙の種類とかは伝わったでしょうか。
次回は壁紙ごとのお掃除方法など、お役立ち情報をお送りしていきたいと思います!

Photo Credit: Pixabay

Back To Top